レーシック経験者が白内障手術を受ける際の注意点

レーシック経験者が白内障手術を受ける際の注意点

レーシック手術を受けている人は、角膜の形状が自然ではありませんので、レーシック手術を受けている人には、それ専用に開発された計算式を使用します。

そのため、過去にレーシックなどの屈折矯正を受けている方が、白内障手術を受ける時は、医師に過去にレーシックを受けていることを申告するようにしてください。

レーシック手術を手掛けてきた医師であれば、診察の際にレーシック手術を受けているかを判断することができますが、レーシック手術の経験が無い医師の場合、手術の痕跡を見逃してしまう可能性がありますので、忘れずに申告してください。

 

〇レーシック手術を受けた時の術前データを準備しておくと便利です

過去にレーシック手術を受けている方は、レーシック手術前の検査データを準備しておくと、レンズの度数計算がスムーズになります。

カルテのデータを準備するためには、個人情報の開示請求が必要になる場合もありますので、レーシック手術を受けられた医療機関に問い合わせるといいでしょう。

もちろん、医療機関が閉鎖してしまっていたり、お住まいが遠方で準備ができない方でも、今は問題なくレンズの度数計算はできるようなので、心配はないようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です