レーシック経験者が白内障手術を受ける時のクリニック選び

レーシック経験者が白内障手術を受ける時のクリニック選び

白内障手術は、レーシックやフェイキックなどの屈折矯正手術の分野に該当します。

そのため、過去にレーシック手術を受けている方が白内障手術を受ける時は、レーシックやフェイキックなどの屈折矯正手術の経験がある医療機関や医師に相談することをお勧めします。

実際の白内障手術は、レーシックと違って目の中の手術になるため、手術をしてからでないと解らない部分も存在します。

手術である以上はリスクもゼロではなく、100%という保証は絶対にありません。過去にレーシックを受けていない人でも、計算した眼内レンズ度数がわずかにズレることがありますので、過去にレーシックを受けられている方は、屈折矯正手術に精通している医師または医療機関を選ぶ方が安心できると思います。

 

〇クリニック選びのポイント

保険診療を行っているクリニックの医師は、色々な目の病気に日々対処しています。

一方で、屈折矯正を専門としている自費診療のクリニックでは、日頃から屈折矯正手術にしか携わっていないため、一般的な病気への対処は他の医療機関に紹介するだけです。

やはり、様々な目の病気に対処できる医療機関を選んだ方が、将来的にも安心できると思います。

保険診療を行っているクリニックでも、レーシックやフェイキックといった屈折矯正手術や白内障手術にも対応している医療機関もあります。そういった医療機関であれば、信頼性が高いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です