レーシック経験者が白内障になる時期が到来

レーシック経験者が白内障になる時期が到来

1990年にギリシャで初めて行われたレーシック手術ですが、日本では厚生労働省がエキシマレーザーの使用を認可した2000年から受けられるようになりました。

それ以降、レーシック手術は代表的な視力矯正手術として急速に普及し、日本国内でも約120万人の方がレーシック手術を受けていると推定されています。

また、使用されるレーザー機器も改良が進み、手術の精度や安全性においても確実に向上しています。

日本でレーシック手術が行われるようになってから既に17年が経過しますので、過去にレーシック手術を受けた方の中には、そろそろ老眼や白内障を自覚する方もでてくる時期に差し掛かっています。

今後も、レーシック経験者の白内障患者が急属してくることが容易に予測されますので、レーシック経験者が白内障手術を受ける適切な医療機関について検索される方が増加していくと思われます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です